車検 各種一覧
 一般車検
 キャンピング登録車
  継続車検について
 現在のキャンピング登録事情
  (88ナンバー)
 費用の紹介(法定費用等の照会)
 女性オーナーの方に
  車検・整備の案内
修正 各種一覧
 フレーム 修正
 パネル 修正
 FRP 修復
 デカール 修復
販売 各種一覧
 キャンピングシンク・ベットキット
 エアロ
板金・塗装 一覧
 板金作業紹介
 塗装作業紹介
 エアロ塗装
 修復事例 (価格のご参考に)
リサイクル・リビルド 一覧
 リサイクルパーツの流れ
 安くできるクルマの整備・修理
 価格例
その他サイト
 当工場までの地図
 各種のお問い合わせフォーム
 代車の紹介
 会社概要
 リンク
 採用情報



 
”最近風当たりの強い!?”
88ナンバーのメリット・デメリットについて分かりやすく 説明しています。
平成13年度の国土交通省法改正案にて”88ナンバーの見直しが図られました。
装備のない88ナンバーを取り締まろうという
動きです。
各保険会社の合併にともない 88ナンバーの自動車保険に関しても、装備のない車両に関しては契約又は保険料が見直されています。 現在、88ナンバーの車両を所有されて、”装備がないので不安だ!”という方是非ご相談ください。

平成14年度より新自動車税率が適用されました。
重要事項!!

平成14年4月1日より、8ナンバー新規登録の要件が変更になり、これ以降の8ナンバー キャンピング登録を行う車は、就寝ベット設置時に高さ160センチ(以前は60センチ)となりましたので、8ナンバー登録できる車がかなり限定されます。

 
 
地方税法の改正による自動車税の「グリーン化税制(環境配慮型税制)」導入に伴い、9月県議会定例会で県税条例を改正し、自動車税の税率について特例措置を講じました。
税負担の均衡を図るため、キャンピング車の税率を見直したほか、トラックや貨客兼用自動車の税率も、地方税法の規定に合わせて改正しました。
これらの改正は、14年4月1日から施行されています。
 
向こう3年間でお車の総排気量にて自動車税の改正が行われます。
8ナンバー・キャンピングの新税率を表にしてみました。
1・4・3・5・7ナンバーの新税率も近いうちアップしますので・・・
区分 改正前
(年税額)
改正後(年税額)
経過税率(2年間)
平成14年度 平成15年度 平成16年度
小型 1.5リットル超
      2.0リットル以下
11,500 18,200 24,900 31,600
2.5リットル超
      3.0リットル以下
21,200 30,900 40,800
普通 2.5リットル超
      3.0リットル以下
25,500 30,600 35,700 40,800
4.0リットル超
      4.5リットル以下
37,400 49,300 61,200

現在88ナンバーにてお車を所有されていらっしゃる方
税金・保険等に関するご相談、お問い合わせなんでもお答え致します。

 
車のコンビニエンス ガレーヂ協栄までお気軽にお問い合わせください
0120-828-112

   
 GARAGE KYOEI

 車検、修理、板金、塗装。お気軽にご相談ください。
 〒223-0058 横浜市港北区新吉田
東8丁目47-40
 ※平成17年10/31より、弊社住居表示が変更となりましたのでご注意ください。
 
 TEL:045-544-8112 FAX:045-544-8113 フリーダイヤル:0120-828-112

>>TOP

・アクセス集計一覧

一般車から特殊車両も受け付けています 何でも対応します 小さなキズは小さな価格で、大きなキズはリーズナブルな価格で リサイクル(リビルド品)の上手い活用方法を紹介しています ネットですから当然24時間受付 お返事も早めに致します お好きな用途にあわせてお選び下さい

▲このページのTOPへ
▲HOMEへ戻る
■お問い合わせ